野菜 日持ち 保存方法

野菜を日持ちさせる方法

 

せっかくお得に購入出来た野菜でも、いざ使おう!とおもったら、なんだかしおれて元気がなくなっていたり、黄色くなっていたりして、泣く泣く処分しなければならなくなったというご経験はあるものです。

 

 

お得にゲットできた野菜こそ、最後までムダなく食べなければ意味がなくなってしまいます。

 

 

ですので、野菜の保存方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

玉葱の保存方法

 

玉葱は野菜の中でも強い野菜なので、普段の常温でも長く保存できます。

 

ポイントは、風通しが良く、直射日光が当たらないところに保存することがおススメです。

 

洗濯ネットや使わなくなったストッキング、あまり玉ねぎが積みあがらないようなカゴに入れて、保存することがベストです。

 

冷蔵で保存する方法は、すぐに使わないのなら、皮つきのままで冷蔵庫に入れておきましょう。

 

皮つきの玉ねぎは、皮がはがれたりするので、呼吸ができるように密閉せずに新聞紙などで保存することがポイントです。

 

※玉ねぎを冷蔵庫で冷やすと、包丁でカットするときに涙が出る原因になる水分が出にくくなるため、扱いやすいです。

 

 

 

人参(にんじん)の保存方法

 

スーパーで購入した人参は、ビニル袋で密閉されていることが多く、しかも水分で濡れています。

 

この状態のまま冷蔵庫で保存してしまうと、とても傷みやすい状態でも保存になってしまいます。

 

ですので、袋から取り出し、表面の水気を拭き取ってから新聞紙やキッチンペーパーなどで1〜2本ずつ包み、冷蔵庫で保存します。

 

すぐに使用しないのでしたら、乾燥しないように新聞紙ごとポリ袋に入れて保存します。

 

人参の特徴は、水分をまとっていたらとても傷みやすく、逆にそのままの人参をむき出しで冷蔵庫で保存すると乾燥してしなびてしまいます。

 

固いので丈夫そうに思いがちですが、実は案外デリケートな野菜です。

 

 

 

ジャガイモの保存方法

 

今ではジャガイモも様々な色が付いていたりなど、沢山の種類があります。

 

しかし、基本的には普通のじゃがいもと新じゃがいもに分けることができます。

 

普通のじゃhがいもと新じゃがいもの差は、中に含まれる水分量が全く違います。

 

もちろん、新ジャガイモのほうが水分が多いので、それが痛む原因にもなりやすいです。

 

購入したときに、袋に密閉されているのでしたら、そのままの状態で冷蔵庫に保存してしまうと傷みやすくなります。

 

新ジャガイモは必ずビニール袋から出して保存するようにしてください。

 

あと、ジャガイモを保存するのに明るさは要りません。
新じゃがいもは日に当たるとソラニンという毒素を出して緑色になるので、新聞紙でしっかり包んでから、段ボール箱やカゴなどに入れて保存します。

 

使わない期間が長引くと、芽を出すときがあります。
このジャガイモの芽は身体に良くないとされているので、しっかりと取り除いてから調理しましょう。

 

温度が低く、風通しのいい場所に置いて保存することがベストです。

page top